釣行と採集2009.02-1
ライン

BACK TO TOP BACK TO LIST 東航へら鮒研究会 ”千代田湖 千和” 淡水魚倶楽部 静岡支部

フィールド:平井川水系のガサ探索!!
釣行日:2009.02.01 時間:12:00〜13:00 天候:晴れ 水温:7.9℃

快晴で〜す、何時見ても綺麗っす!!(@車中)

溜りにて『ヌマエビ』採集中で〜す!!

本流にて『ヌマエビ』の採集、少ない?

お魚(『カワムツ』)はバイバイ〜!!

『ヌマエビ』は入るのですが、枯葉も多いです。

昨日の雨で溜りもチョッと増水状態です。

うむ〜このスタイル良いですなぁ〜!!楽々

お魚は撮影後に放流、こちらは腰に!!

淡水魚倶楽部の冬季活動は”2009年度初釣り”(北浦&霞ヶ浦水系)に続き本年度2回目のタモ網ガサ探索です。
如何しても寒いと淡水魚倶楽部員の皆さまも冬眠がちですので、ここ2〜3年の冬季は”探鳥会”を開催しています。
最近ではまだまだ”探鳥会”に参加される方は少ないのですが、運動不足の皆様は是非参加してみてください。
また本来の淡水魚倶楽部の活動である”淡水魚観察会”も毎月計画致しますので、寒いですがこちらの参加もお待ちしております。
ちなみに”淡水魚倶楽部静岡支部”ではかなり活発な活動をしているようですので、下記欄外のアドレスよりご覧ください。

・・・・・と言うことで本日は午前中は”探鳥会(小宮公園)”で、午後より”お魚観察”とダブルヘッダーで〜す!!(*^_^*)
午前中の”探鳥会”では約7000歩(ギバチさんの万歩計)と既にSAKUは午前中でDOWN気味。。。(_ _,)/~~ マイッタ
しかし、”クリル”&”キャット”&”カーニバル”を主食としている淡水魚倶楽部水槽の『オヤニラミ』たちにもたまにはオヤツに活き餌を与えるべく『ヌマエビ』採集です。
昨日の雨の影響で何時もより平井川水系は増水していましたが、水質は溜りも汚れた水が一掃されて幾らか綺麗になっていました。・・・・・・ちょっと前はかなり悪臭もあったようです。
本命の『ヌマエビ』は本流では増水の影響で水流が速くなり下流へかなり流されてしまったようで以前のようにはなかなか採集出来ませぇ〜ん!!(×_×;)
お魚も『ヌマエビ』と一緒にタモ網の中に入ってきます、本日の観察魚は・・・・・・・・・
『カワムツ』・『アブラハヤ』・『ギバチ』・『ジュズカケハゼ』・『シマドジョウ』・『フナ』の6種類でした。
また水棲昆虫では久々に観察した『ミズカマキリ』、『コオニヤンマのヤゴ』でした。
観察生物数は何時もより少な目のお魚観察会でした。
やはり水温が約8℃と冷たく、また昨日の増水の影響もあったようです。


≪”平井川水系”での観察生物≫

カワムツ

アブラハヤ

ギ バ チ

ジュズカケハゼ

シマドジョウ

フ  ナ

ミズカマキリ

ザリガニ

コオニヤンマのヤゴ

1時間程度のちょいガサお魚観察でしたが、ウェダーを履いていても足裏から冷えてきます。。。。。。ブルブル
まぁ〜採集したお魚は観察画像撮影後に再放流しましたが、『オヤニラミ』君のオヤツである『ヌマエビ』はテイクアウトできたので良しとしましょう!!
明日の『オヤニラミ』君たちのお食事は久々の活エビで〜す!!♪ルンルン♪〜


本日、超BIG SIZE:160mm 『カワムツ』

≪タモ網ガサ探索後記≫
いよいよ一月も終わり、本日から二月に突入です。
梅もちらほら咲き始めて春ももうすぐそこまで来ているような・・・・・・しかし、まだまだこれからが激寒かぁ〜!!
本日は車中で早朝の地震速報を聞きましたが、既に車で移動中であった為に全然解りませんでした。
また突風もあちらこちらで吹き荒れたようで、午前中の”探鳥会”でも高台ではかなり吹き荒れていました。
2月も寒さに負けずにタモ網ガサ探索で水中運動もしたいと思いますので、皆さまも是非参加してください。

BACK TO PAGE TOP


淡水魚倶楽部 静岡支部

”平成21年度東航へら研番付表”はこちらから!!

”千代田湖 千和”

ライン

inserted by FC2 system